RSS | ATOM | SEARCH
人材業界の若手営業職の皆さんへ。とある採用担当者としての期待。
僕の生業のひとつが、企業の人事の方に代わって人材業界(媒体/紹介会社など)と交渉するという仕事があります。こちら、当然にして営業の方々には嫌われます。

僕も若いころリクルート社出身者の人事がいる企業は大嫌いでした。リクルートに思いがあれば指導が入り、今のリクルートに不満があれば文句を聞かなきゃならない。兎に角良いことがひとつもないわけです。

だから、僕がこれからいうことは時代とずれていたり、営業の現場にしてみれば煩いのは分かっているんだけど、それでも企業人事の立場で期待を込めてお願いがあります。

「御社は他の会社さんよりも応募者が集まっていますよ」
「同業他社さんはもっと採用大変ですよ」
「求人倍率上がっているんで、なかなか応募者が集まりませんよ」

全部、どうでもいいです。

企業は人なり。どんな事業も人がいて初めて成り立ちます。
そして、企業の経営者および人事は、大事なリソースを託して人材業界のインターフェイスである皆さんに期待をして一緒に仕事をしようと思って声掛けをしています。

その中で、聞きたい言葉は
「御社のために僕がやれるベストはこれです」

まずは、そこからスタートしませんか?
各社人事は、人材業界の営業マンよりも年齢も高いケースが多く、アドバイスできることも多いです。
マーケットのことは皆さんのほうが詳しいけれども、経営にとって人が何であるかは、間違いなく企業人事のほうが身に染みてわかっています。

景気が良い時は、決めやすい求人に流れるのもわかります。
きっと売り上げ目標も高いので、手が回らないこともあるでしょう。

でも、そんなことはお客様には関係ありません。
君たちのその油断が、その手抜きが、事業の成長を止めることもあるんです。

自分の若いころのスタンスなんて酷いもので、こんな偉そうに言えることも本来はないんですけど、今だから言えるっていうことでもあるので、そのあたりはご容赦いただきつつ。

一緒にチームを組んで採用活動をする。それが発注側だろうが、受注側だろうが、そんなことは関係なくて。やっぱり本気で取り組んで、うまくいったら飲みにいって、失敗したら急いで改善する。
そういう採用チームをクライアントの企業に作り続けるのが、最近の僕の仕事です。

出会ってしまったら、残念ながらお付き合いください。



JUGEMテーマ:人事プロ(HR Professional)
author:dhr, category:HR業界, 16:59
comments(0), -
Comment